サラ金の金利の割合は?

サラ金比較の金利は、会社によって比較的大きな違いがあるものの、一般的には18%程の割合に設定されていることが多いです。現状において18%金利と言う数値は、「最高値」だと思って問題ないほどの数値である為、基本的には率先して利用するほどの価値は無いという認識で問題ありません。

ただ、サラ金の金利は比較的大きな開きがある為、低金利をウリにしている場合には率先して利用するだけの価値があると言っても良いでしょう。

カードローンの内、銀行系と比べてサラ金系は融資難易度が低めに設定されていることが多く、より大きなリスクを抱えながら融資をすることになってしまうため、万が一の時に極端な損失を被らないように金利が高めに設定されている訳ですが、しっかりと実績を積んでいくことによってサラ金の金利は下がります。

いわゆる「増額」をしていくことが出来るかどうかがポイントで、しっかりと増額をしていくことが出来れば徐々に金利は下がっていきます。初回契約時には18%に設定されていたとしても、最終的には一桁金利まで下げることも可能です。ただ、サラ金系カードローンは総量規制の対象となってしまうため、通常契約の場合は相応の年収があることが条件になります。

しかし、おまとめローンとしてサラ金を利用している場合、例外的な総量規制対象外となるので年収にあまり関係なく低金利で利用することも可能です。基本的には金利が高いことは間違いないのですが、必ずしもそれだけではないと言うことは覚えておくようにしましょう。